キュービクル保安点検(保守点検)・キュービクル新設工事・リニューアル工事・耐圧試験・清掃・各種申請のことなら、オルテにお任せください。

キュービクルまわりのお悩み解決サイト

保安点検ドットコム

〒113-0001 東京都文京区白山1-30-10 赤池ビル3階

運営会社 : 株式会社オルテ
法人資格 : 電気保安法人 経済産業省整理番号H-190

お知らせ

正社員・委託技術者を募集中

お気軽にお問合せください

03-5805-0035

保安点検ドットコム - キュービクル点検・保守・管理をお任せください。

UGS(地中線用負荷開閉器)とは?

保安点検ドットコムが提供するキュービクルまわりのお役立ち情報です。

UGSの外観

UGSは、キャビネット(ピラーボックス)の右側扉の中に取付ます。
お客さまは、キャビネットを開ける機会がないと思うため、どのようなものかイメージが沸くように、写真を掲載させていただきました。どうぞ、ご参考にして下さい。

UGS未設置の場合

UGS設置前_保安点検ドットコム

UGSが未設置の場合
上記写真は、モールドディスコンです。

UGSの写真

UGS設置後_保安点検ドットコム

UGSが設置されている状態
※UGS取付工事の途中経過の写真です。

UGSの役割を簡単にご説明します。

UGS(地中線用負荷開閉器)は、お客さま側の設備における電気事故が発生した場合に、近隣への波及事故(近隣を巻き込んだ停電事故)を防ぐ役割をもっています。

 

UGSとは?(地中線用負荷開閉器)

UGS(地中線用負荷開閉器)とは、電力会社とお客さまの責任分界点に設置される保護装置のことをいいます。
UGSは、地中線用の負荷開閉器になるため、地中配電線(電力会社に地中から電気を供給してもらう)を利用している事業所に有効となります。
地中配電線を利用している事業所は、キャビネットが設置されているため、UGSはキャビネット内の設置します。

UGSの役割としては、地絡事故の保護をおこないます。
キュービクル内には、LBS(負荷開閉器)やVCB(真空遮断機)の保護装置が搭載されていることが多いですが、あくまでのキュービクル内の保護しかできないため、キュービクルとキャビネットをつなぐ高圧ケーブルの地絡・短絡事故を防ぐことはできません。

UGSが設置されていない事業所は、高圧ケーブルに地絡・短絡事故が発生した場合、波及事故につながる恐れがあります。

UGSは、SOG動作機能を搭載しているため、地絡事故などで地絡電流が流れる場合は、UGS内部の過電流検出機能が活動し、UGSの電流が流れを遮断します。
UGSが、遮断をおこなうことによって、電力会社側の配電用変電所で地絡電流を感知しなくなるため、配電用変電所は遮断をおこなわなくなります。

UGSは、お客さまの構内で地絡電流を停止させるため、地域停電を防ぐ役割を担っています。

 

UGS(地中線用負荷開閉器)の更新推奨時期について

UGSの更新推奨時期は、15年といわれています。

 

UGS(地中線用負荷開閉器)の工事について

UGSの工事について_保安点検ドットコム

UGS設置工事の様子です。

当社は、UGSの施工もおこなっております。
キュービクルや高圧ケーブルの経年劣化が目立つときは、近隣への安全対策として、UGSの取付工事をご検討されることをお勧めさせていただきます。

当社は、UGSの設置工事も、安価でご対応をさせていただいております。

UGSの設置工事は、豊富な実績もございます。詳しくは、下記の「UGS取付工事」をご覧ください。

保安点検ドットコムへのお問合せはこちら

保安点検ドットコム_お問い合わせ

お気軽にお問合せください

ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

03-5805-0035

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください。

よくあるご相談
  • UGSとは?
  • UGSの価格ついて教えてほしい。

私たちは、丁寧な対応を心がけております。上記のようなご相談はもちろん、疑問や悩み事など、なんなりとご相談ください。

更新情報

2020年12月21日

年末年始休業期間のお知らせを追加いたしました。

気主任技術者募集中

電気主任技術者

共に業容を拡大させて頂ける電気管理技術者様を募集しています。

詳細はこちら

当社運営サイト

オルテホームページ

株式会社オルテ

株式会社オルテの公式サイトとなります。

電気料金削減ドットコム

電気料金削減ドットコム

省エネ・省コストなど電気料金削減に特化したサイトとなります。

オルテ広報チャンネル

オルテ広報チャンネル

Facebookで情報発信しています。