キュービクル保安点検(保守点検)・キュービクル新設工事・リニューアル工事・耐圧試験・清掃・各種申請のことなら、オルテにお任せください。

キュービクルまわりのお悩み解決サイト

保安点検ドットコム

〒113-0001 東京都文京区白山1-30-10 赤池ビル3階

運営会社 : 株式会社オルテ
法人資格 : 電気保安法人 経済産業省整理番号H-190

お知らせ

正社員・委託技術者を募集中

お気軽にお問合せください

03-5805-0035

保安点検ドットコム - キュービクル点検・保守・管理をお任せください。

責任分界点とは?

保安点検ドットコムが提供するキュービクルまわりのお役立ち情報です。

1号柱

架空配電(電柱からの引き込み)
の責任分岐点は1号柱内になります。

キャビネット

地中配線(地中からの引き込み)
の責任分岐点はキャビネット内になります。

責任分界点とは?(せきにんぶんかいてん)

責任分界点とは、電力会社と需要家(お客さま)の責任範囲をわけている場所をいいます。
自家用電気工作物(キュービクル)は、自主保安が原則となるため、責任の範囲を明確にすることがポイントとなります。

高圧電力は、電力会社から電気の供給をうけるときに、架空配電線(電柱からの引き込み)か、地中配電線(地中からの引き込み)のいずれかで決定します。
架空配電線(電柱からの引き込み)の場合は1号柱、地中配電線(地中からの引き込み)の場合はキャビネットを介して電気の供給をうけていることになります。

電力会社との責任分界点は、架空配電線(電柱からの引き込み)の場合は1号柱、地中配電線の場合はキャビネットになります。
電力会社から、構内に電気を供給するためには、配電線と構内線を接続する必要性があるため、厳密にいうと、1号中とキャビネット内の接続箇所が責任分界点となります。

この責任分界点の近くに、地絡保護機能付きの高圧開閉器が未設置の場合は、波及事故などを防ぐことを目的とし、地絡保護機能付きの高圧開閉器を設置することをお勧めしています。
地絡保護機能付きの高圧開閉器とは、架空配電線(電柱からの引き込み)の場合はPAS、地中配電線(地中からの引き込み)の場合はUGSといいます。

これらの高圧開閉器は、お客さま側の設備で短絡・地絡事故が発生した際に、停電などの障害をお客様側の責任分岐点内にとどめることができるため、波及事故を防ぐことができます。

 

保安点検ドットコムへのお問合せはこちら

保安点検ドットコム_お問い合わせ

お気軽にお問合せください

ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

03-5805-0035

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください。

よくあるご相談
  • 地絡保護機能付きの高圧開閉器について教えてほしい。
  • UGSについて教えてほしい。
  • PASについて教えてほしい。

私たちは、丁寧な対応を心がけております。上記のようなご相談はもちろん、疑問や悩み事など、なんなりとご相談ください。

更新情報

2020年12月21日

年末年始休業期間のお知らせを追加いたしました。

気主任技術者募集中

電気主任技術者

共に業容を拡大させて頂ける電気管理技術者様を募集しています。

詳細はこちら

当社運営サイト

オルテホームページ

株式会社オルテ

株式会社オルテの公式サイトとなります。

電気料金削減ドットコム

電気料金削減ドットコム

省エネ・省コストなど電気料金削減に特化したサイトとなります。

オルテ広報チャンネル

オルテ広報チャンネル

Facebookで情報発信しています。