キュービクル保安点検(保守点検)・キュービクル新設工事・リニューアル工事・耐圧試験・清掃・各種申請のことなら、オルテにお任せください。

キュービクルまわりのお悩み解決サイト

保安点検ドットコム

〒113-0001 東京都文京区白山1-30-10 赤池ビル3階

運営会社 : 株式会社オルテ
法人資格 : 電気保安法人 経済産業省整理番号H-190

お知らせ

正社員・委託技術者を募集中

お気軽にお問合せください

03-5805-0035

保安点検ドットコム - キュービクル点検・保守・管理をお任せください。

高圧電力と低圧電力の違いとは?

保安点検ドットコムが提供するキュービクルまわりのお役立ち情報です。

高圧需要家

トランス_保安点検ドットコム

キュービクル内で変圧
※写真はキュービクル内のトランス(変圧器)

低圧需要家

柱上トランス_保安点検ドットコム

柱上トランス(変圧器)で変圧
※写真は電柱にのっている変圧器

高圧電力と低圧電力の違いについて

上記の写真のように、6,600Vを引き込みを行ない事業所内で変圧して使用する場合を高圧需要家、柱上トランスで変圧されてから引き込みを行なう場合を低圧需要家と呼びます。

大きく異なるのが、6,600Vの高圧需要家の場合は、キュービクルを含めた設備がすべてオーナー様の所有になります。低圧需要家の場合は電力会社の所有する柱上トランスを経由して100V、200Vに変圧されてから建物内に送電されます。

また、高圧需要家は6,600Vの電圧を一括購入しているため、電気の明細書は1枚となり、低圧需要家は電力会社から変圧された電気を購入しているため、100V、200Vに対して1枚ずつ明細書が発行されます。電力会社の設備(変圧器)を利用しているため、低圧電力は高圧電力に比べると料金単価が高いのが特徴です。

そして、この高圧需要家と低圧需要家の境目となる基準が50kw(キロワット)となっております。この50kwを超過する電力使用が見込まれる場合、基本的に高圧電力を使用することになります。

※低圧需要家が設備の増設を検討の際、50kw超過によりキュービクル設置を促されるケースも多々あります。少量の増設であれば、仮に増設を行なってもキュービクルを回避する方法はあります。キュービクルに対する設備投資やキュービクル保安点検等のランニングコストが軽減することが出来ます。

保安点検ドットコムへのお問合せはこちら

電気のお問い合わせ_保安点検ドットコム

お気軽にお問合せください

ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

03-5805-0035

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください。

よくあるご相談
  • 高圧電力と低圧電力の違いを教えてほしい。
  • 高圧電力から低圧電力に変更することができるのか?
  • 低圧電力で設備の増設を検討しているが、高圧電力への切替は必要なのか?

私たちは、丁寧な対応を心がけております。上記のようなご相談はもちろん、疑問や悩み事など、なんなりとご相談ください。

更新情報

2020年12月21日

年末年始休業期間のお知らせを追加いたしました。

気主任技術者募集中

電気主任技術者

共に業容を拡大させて頂ける電気管理技術者様を募集しています。

詳細はこちら

当社運営サイト

オルテホームページ

株式会社オルテ

株式会社オルテの公式サイトとなります。

電気料金削減ドットコム

電気料金削減ドットコム

省エネ・省コストなど電気料金削減に特化したサイトとなります。

オルテ広報チャンネル

オルテ広報チャンネル

Facebookで情報発信しています。