キュービクル保安点検(保守点検)・キュービクル新設工事・リニューアル工事・耐圧試験・清掃・各種申請のことなら、オルテにお任せください。

キュービクルまわりのお悩み解決サイト

保安点検ドットコム

〒113-0001 東京都文京区白山1-30-10 赤池ビル3階

運営会社 : 株式会社オルテ
法人資格 : 電気保安法人 経済産業省整理番号H-190

お知らせ

正社員・委託技術者を募集中

お気軽にお問合せください

03-5805-0035

保安点検ドットコム - キュービクル点検・保守・管理をお任せください。

トランス(変圧器)とは?

保安点検ドットコムが提供するキュービクルまわりのお役立ち情報です。

トランス(変圧器)の外観

トランス(変圧器)は、キュービクルの中に設置されています。

キュービクル内のトランス

トランス_保安点検ドットコム

左側にあるネズミ色の箱がトランスです。

トランスの拡大写真

トランス_保安点検ドットコム

トランスの拡大写真です。

トランスの役割を簡潔にご説明します。

トランスは、電圧を下げたり上げたりできる変圧器のことを言います。
キュービクルには、6600ボルトの高圧電気が送電されます。
6600ボルトの電圧をトランスが200ボルトと100ボルトに変圧しています。

トランスとは?

トランスとは、変圧器のことを意味します。
鉄心に1次コイル(入力側)と2次コイル(出力側)を巻きつけた構造になっています。電流が流れることによって、コイル内に磁界が発生するため、電圧が生じます。

磁界に発生した電圧は、コイルの巻数に比例するため、巻数が多ければ多いほど高い電圧を得ることができます。
また、電圧を変更することを変圧といい、電圧を上昇させることを昇圧、下降させることを降圧といいます。

原理としては、1次コイル(入力側)の巻数が100巻、2次コイル(出力側)の巻数が200巻とすると、2次コイルは1次コイルの巻数の2倍になります。よって、入力側に100ボルトの電圧をかけた場合、出力側は2倍の200ボルトの電圧が発生します。

トランスは、皆さまがご使用されている電気を中継する役割ももっています。
発電所から事業所へ送電される間にも、500,000ボルト→154,000ボルト→66,000ボルト→6,600ボルトと、変電所のトランスを経由しながら、電気が送られてきます。

トランスの更新推奨時期について

トランスの交換推奨時期は、メーカーによってバラつきがありますが、概ね30年程度と言われています。
トランスそのものは、そう簡単には壊れません。非常に寿命の長い設備です。

トランスの工事について

トランス工事_保安点検ドットコム

トランス設置工事の様子です。

当社は、トランスの施工もおこなっております。

事業所で使用する電気の絶対量が増えたときに、トランスの増設工事をおこないます。逆に減設することもできます。

当社は、トランスの設置工事も、安価でご対応をさせていただいております。

トランスの設置工事は、豊富な実績もございます。詳しくは、下記の「トランス工事」をご覧ください。

保安点検ドットコムへのお問合せはこちら

保安点検ドットコム_お問い合わせ

お気軽にお問合せください

ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

03-5805-0035

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください。

よくあるご相談
  • PASとは?
  • PASの状態を診断してほしい。
  • PASの工事の相談にのってほしい。
  • PASの価格を教えてほしい。

私たちは、丁寧な対応を心がけております。上記のようなご相談はもちろん、疑問や悩み事など、なんなりとご相談ください。

更新情報

2020年12月21日

年末年始休業期間のお知らせを追加いたしました。

気主任技術者募集中

電気主任技術者

共に業容を拡大させて頂ける電気管理技術者様を募集しています。

詳細はこちら

当社運営サイト

オルテホームページ

株式会社オルテ

株式会社オルテの公式サイトとなります。

電気料金削減ドットコム

電気料金削減ドットコム

省エネ・省コストなど電気料金削減に特化したサイトとなります。

オルテ広報チャンネル

オルテ広報チャンネル

Facebookで情報発信しています。